手作り結婚指輪の基本って何? - 結婚指輪について知っておきたいコト

手作り結婚指輪の基本って何?

最近とても話題となっている手作り結婚指輪についてご紹介したいと思います。
結婚をすることになったら結婚指輪を用意することになることかと思うのですが、そんな結婚指輪の中でも二人で結婚指輪を手作りするという方法が非常に人気となっていてお勧めなんですね。
手作り結婚指輪は基本的にはどういったものになるのでしょうか。

手作り結婚指輪の基本としては、通常の結婚指輪をお二人で工房やアトリエなどで手作りをするものになります。
そして基本的な作り方についてですが、作り方としては金属の塊から結婚指輪を手作りしていく彫金と呼ばれる方法、そしてまたワックスと呼ばれるロウソクのロウのようなもので結婚指輪の原型を作るという方法があげられます。
どちらもそれぞれメリットデメリットがありますので、それらを理解したうえで希望の物を選ぶようにするとよいでしょう。

金属の塊を加工をして作っていくという方法の場合ですと、結婚指輪そのものを手作りすることができるというメリットがあります。
そのものの手作りということで、より手作り感のある結婚指輪となってくれることでしょう。
元々金属の塊であったようなものを加工して結婚指輪にしていくというのは難しそうなイメージがありますよね。
ですが実際には不器用な方でも安心して作ることができるんです。
というのもプロの職人の方などスタッフの方がついていてしっかりとサポートを行ってくれますから、安心して手作りすることができます。

手作り結婚指輪の他のもう一つの方法として、ワックスとよばれるロウソクのロウのようなものを使用して手作りしていく、結婚指輪の原型を作っていくという方法があります。
結婚指輪の原型を作っていくということで、比較的簡単に作ることができますし、様々なデザインにも対応することができるというメリットがあるんですね。
複雑なデザインの結婚指輪であっても作ることができます。

彫金で金属の塊から作っていくという場合ですとどうしても、シンプルなデザインしか作ることができないんですね。
ですがワックスで作っていく原型の場合は、様々な複雑なデザインの結婚指輪も作ることができますので、お二人のこだわりの複雑なデザインであっても結婚指輪を作ることができるというメリットがあります。
お二人で手作りした原型をもとに職人の方が金属を使って結婚指輪を作っていってくれるという流れになりますので、職人さんが仕上げてくれますからとても満足の行くクオリティの高い結婚指輪が作れることでしょう。

このように彫金であっても原型を作るという方法であってもどちらも素敵なメリットがあります。
どちらの方がお二人の希望や好みに合っているのかということで判断するのがいいのではないでしょうか。

手作り結婚指輪において基本として結婚指輪だけでなくお二人の素敵な思い出を作ることができるというポイントがあげられます。
お二人だけの結婚指輪が作れるというだけでなく、二人で結婚指輪を作っているその時間がとても大切で素敵な思い出となってくれるんですね。
その結婚指輪を作る過程がとても大切な思い出となるのではないでしょうか。

また二人の思い出、手作り結婚指輪を作っているその過程、結婚指輪の制作風景を動画や写真で残すことができるというメリットがあります。
とても素敵な思い出として残せるんですね。
二人だけの素敵な思い出がカタチになって残るというのはとても魅力的だと思います。
またその動画や写真については結婚式で使うことなどもできます。
結婚式を挙げる場合には結婚式や結婚披露宴などで使用して流すことで、みんなにもお披露目することができますよね。
一生大切な思い出として残ってくれることでしょう。
二人にしかない思い出を作ることができるでしょう。

日本全国には多くの手作り結婚指輪を作ることができる工房やアトリエがありますから、きっとお近くに工房やアトリエを見つけることができるのではないでしょうか。
通いやすいエリアにあると便利ですよね。
また駅から近くではなく郊外に工房やアトリエがあるというような場合であっても、送迎してくれるようなところもありますからとても手軽に通うことができるでしょう。

手作り結婚指輪を作ることになったら素材やデザインを決めていくこととなるのですが、それもまた楽しいんですよね。
お二人でこんなのがいいね、と話をしながら決めていく時間がとても楽しいものとなってくれることでしょう。
素材についても様々な素材から選ぶことができますので、お勧めです。
結婚指輪の基本の素材としてはプラチナやゴールドとなります。
ゴールドに関しては、一緒に混ぜ合わせる金属によって色が変わります。
ですのでその色を好みのものを選ぶこともできるんです。
きっと素敵で魅力的な結婚指輪となってくれることでしょう。

既製品の購入した結婚指輪よりも、手作りの結婚指輪の方がきっと愛着がわいてくれるのではないでしょうか。
手作りの結婚指輪を一つの選択肢として検討する中に加えてみるとのことでしたら、結婚指輪手作り.comというお店に問い合わせてみるのも一考です。この手作り結婚指輪工房は、どんな些細な相談でも丁寧に疑問にお答えするのがモットーの工房らしいです。フリーダイヤルで無料相談を受け付けているらしいので、ぜひ問い合わせてみてください。
電話番号が記載してあるウェブサイトのURLをリンクしておきます。
結婚指輪 手作り

新着情報

ピンクのかわいい結婚指輪にする方法

ピンクのかわいい結婚指輪にしたいなら

せっかくの結婚指輪ですから自分の好みに合う指輪にしたいですよね。

ピンクが好きでなるべくそれを指輪のデザインに入れたいならいい方法があります。

結婚指輪の素材として非常によく使われているゴールドという素材にはピンク色をしたバリエーションがあります。

これを選ぶことで簡単にピンク色のかわいい結婚指輪にできるでしょう。

ピンクのかわいい結婚指輪にする方法 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「いつかティファニーで買い物をしてみたい」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私116,600円 主人141,900円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

あまりアクセサリーに詳しくなく、結婚指輪といえばティファニーかカルティエというイメージがあり、デザインを見比べた結果、ティファニーのほうが私たちの好みだったため選びました。

また、私も主人も映画「ティファニーで朝食を」が非常に好きだったので、いつかティファニーで買い物をしてみたいという憧れもあったので、結婚指輪の購入を機にティファニーを利用しました。

予算的にも、安すぎず高すぎず丁度よかったので決めました。
結婚指輪購入口コミ「いつかティファニーで買い物をしてみたい」 ≫ Click

かっこいい結婚指輪が欲しいなら「カルティエ」がおすすめ

カルティエとは

カルティエはフランスパリのブランドです。

アクセサリーだけではなく、レザーグッズや時計なども取り扱っています。

カルティエの代表的なアクセサリーは、3つのリングが絡み合った3連リング「トリニティ・リング」です。

斬新なデザインは、当時のアクセサリー業界に衝撃を与えました。

カルティエの結婚指輪

カルティエの結婚指輪の値段は幅があります。

10万円程度の買い求めやすい値段のものもあれば、100万円と高額な値段のものもあります。

デザインそのものは30万円~50万円程度の指輪と同じなのですが、質のよいダイヤモンドをふんだんに飾り付けているため、100万円近い値段に跳ね上がります。
かっこいい結婚指輪が欲しいなら「カルティエ」がおすすめ ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「丈夫なこととシンプルなデザインである」

1.性別

男性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

1

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

106,000円(新郎)134,000円(新婦)

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まずはデザイン面に関して、シンプルなデザインだけど少しおしゃれなデザインが入ったものが欲しかったので、緩やかなカーブがかかったものであること、

お互いに普段からはめるならあまり違和感を感じないようなしっくりとくるはめ心地であることが決めたポイントです。

予算面はあまり気にはしていませんでしたが、一生に一度の買い物であるのであまり安っぽいものは買いたくなかったですし、

お互いに満足がいくけど高すぎない程度(30万行かない程度)を意識していました。

ブランドは3つ回りましたが、最終的にはアフターフォローのしっかりしたブランドで全国でどこでもフォローが受けられるところを選びました。

結婚指輪購入口コミ「丈夫なこととシンプルなデザインである」 ≫ Click

手作り結婚指輪の基本はミル打ち

ミル打ちとは何か

最近は結婚指輪を手作りする人も多くなっています。

しかし、素材はすぐに選ぶことができても、どのようなデザインにするのかなかなか決まらないという人もたくさんいるでしょう。

自分ですぐ決められる人はよいのですが、どうしても決められない場合には、手作り結婚指輪のデザインの基本と言ってもよいミル打ちを導入してみてはいかがでしょうか。

ミル打ちと言われても何の事だかわからない人もいるでしょうが、簡単に言えば指輪の周りに粒状の打刻を均等に入れていくことです。

かなり古くから用いられているデザインで、ミルグレンと呼ばれることもあります。

ミルグレンには千の粒という意味もあるのです。

手作り結婚指輪の基本はミル打ち ≫ Click