手作り結婚指輪の基本って何? - 結婚指輪について知っておきたいコト

手作り結婚指輪の基本って何?

最近とても話題となっている手作り結婚指輪についてご紹介したいと思います。
結婚をすることになったら結婚指輪を用意することになることかと思うのですが、そんな結婚指輪の中でも二人で結婚指輪を手作りするという方法が非常に人気となっていてお勧めなんですね。
手作り結婚指輪は基本的にはどういったものになるのでしょうか。

手作り結婚指輪の基本としては、通常の結婚指輪をお二人で工房やアトリエなどで手作りをするものになります。
そして基本的な作り方についてですが、作り方としては金属の塊から結婚指輪を手作りしていく彫金と呼ばれる方法、そしてまたワックスと呼ばれるロウソクのロウのようなもので結婚指輪の原型を作るという方法があげられます。
どちらもそれぞれメリットデメリットがありますので、それらを理解したうえで希望の物を選ぶようにするとよいでしょう。

金属の塊を加工をして作っていくという方法の場合ですと、結婚指輪そのものを手作りすることができるというメリットがあります。
そのものの手作りということで、より手作り感のある結婚指輪となってくれることでしょう。
元々金属の塊であったようなものを加工して結婚指輪にしていくというのは難しそうなイメージがありますよね。
ですが実際には不器用な方でも安心して作ることができるんです。
というのもプロの職人の方などスタッフの方がついていてしっかりとサポートを行ってくれますから、安心して手作りすることができます。

手作り結婚指輪の他のもう一つの方法として、ワックスとよばれるロウソクのロウのようなものを使用して手作りしていく、結婚指輪の原型を作っていくという方法があります。
結婚指輪の原型を作っていくということで、比較的簡単に作ることができますし、様々なデザインにも対応することができるというメリットがあるんですね。
複雑なデザインの結婚指輪であっても作ることができます。

彫金で金属の塊から作っていくという場合ですとどうしても、シンプルなデザインしか作ることができないんですね。
ですがワックスで作っていく原型の場合は、様々な複雑なデザインの結婚指輪も作ることができますので、お二人のこだわりの複雑なデザインであっても結婚指輪を作ることができるというメリットがあります。
お二人で手作りした原型をもとに職人の方が金属を使って結婚指輪を作っていってくれるという流れになりますので、職人さんが仕上げてくれますからとても満足の行くクオリティの高い結婚指輪が作れることでしょう。

このように彫金であっても原型を作るという方法であってもどちらも素敵なメリットがあります。
どちらの方がお二人の希望や好みに合っているのかということで判断するのがいいのではないでしょうか。

手作り結婚指輪において基本として結婚指輪だけでなくお二人の素敵な思い出を作ることができるというポイントがあげられます。
お二人だけの結婚指輪が作れるというだけでなく、二人で結婚指輪を作っているその時間がとても大切で素敵な思い出となってくれるんですね。
その結婚指輪を作る過程がとても大切な思い出となるのではないでしょうか。

また二人の思い出、手作り結婚指輪を作っているその過程、結婚指輪の制作風景を動画や写真で残すことができるというメリットがあります。
とても素敵な思い出として残せるんですね。
二人だけの素敵な思い出がカタチになって残るというのはとても魅力的だと思います。
またその動画や写真については結婚式で使うことなどもできます。
結婚式を挙げる場合には結婚式や結婚披露宴などで使用して流すことで、みんなにもお披露目することができますよね。
一生大切な思い出として残ってくれることでしょう。
二人にしかない思い出を作ることができるでしょう。

日本全国には多くの手作り結婚指輪を作ることができる工房やアトリエがありますから、きっとお近くに工房やアトリエを見つけることができるのではないでしょうか。
通いやすいエリアにあると便利ですよね。
また駅から近くではなく郊外に工房やアトリエがあるというような場合であっても、送迎してくれるようなところもありますからとても手軽に通うことができるでしょう。

手作り結婚指輪を作ることになったら素材やデザインを決めていくこととなるのですが、それもまた楽しいんですよね。
お二人でこんなのがいいね、と話をしながら決めていく時間がとても楽しいものとなってくれることでしょう。
素材についても様々な素材から選ぶことができますので、お勧めです。
結婚指輪の基本の素材としてはプラチナやゴールドとなります。
ゴールドに関しては、一緒に混ぜ合わせる金属によって色が変わります。
ですのでその色を好みのものを選ぶこともできるんです。
きっと素敵で魅力的な結婚指輪となってくれることでしょう。

既製品の購入した結婚指輪よりも、手作りの結婚指輪の方がきっと愛着がわいてくれるのではないでしょうか。
手作りの結婚指輪を一つの選択肢として検討する中に加えてみるとのことでしたら、結婚指輪手作り.comというお店に問い合わせてみるのも一考です。この手作り結婚指輪工房は、どんな些細な相談でも丁寧に疑問にお答えするのがモットーの工房らしいです。フリーダイヤルで無料相談を受け付けているらしいので、ぜひ問い合わせてみてください。
電話番号が記載してあるウェブサイトのURLをリンクしておきます。
結婚指輪 手作り

新着情報

結婚指輪を手作りする時期

手作りするならいつからがよいのか

結婚指輪を手に入れる方法はいろいろとあります。

普通に既製品を購入する方法もありますし、セミオーダーや古オーダーする方法もありますし、工房で手作りすることも可能です。

この中で最も時間がかかるのがフルオーダーになりますが、現在では工房に行けば自分たちである程度手作りすることもできます。

では、結婚指輪を手作りする場合には、どれぐらいの時期に行えばよいのでしょうか。

利用する工房や混雑具合などによっても多少異なりますが、最短でも完成までに1ヵ月以上はかかると見ておくべきでしょう。

状況によってはもっと期間が必要になる場合も珍しくはないので、できれば3ヵ月前ぐらい前に手作りをするのがおすすめです。
結婚指輪を手作りする時期 ≫ Click

口コミでも人気?パラジウムの結婚指輪が気になる

注目を集める新しい素材

結婚指輪でお悩みになりやすい素材選び。

最近では定番以外の素材も注目を集めるようになっています。

たとえばパラジウムです。

口コミでも人気を集めていますが、どんな素材なのか詳しくない方もおられるでしょう。

優れた特徴もある一方で、注意したい特徴もあります。

口コミだけで購入する前に知りたい素材の基礎知識をご紹介しましょう。

口コミでも人気?パラジウムの結婚指輪が気になる ≫ Click

メンズ向けの結婚指輪って安い?

メンズ向けの指輪は安くなる?

アクセサリーにあまり興味がなく、結婚指輪にも特にこだわりがない男性もおられますよね。

そのような方だと、いろいろな希望をしない代わりに、メンズ向けだけでも指輪が安くなるかが気になるポイントかもしれません。

これはデザインや素材次第となり、メンズ向けだから必ず安いとは限りません。

なるべく安い結婚指輪がいいなら費用に影響しやすいポイントを知っておくといいでしょう。

メンズ向けの指輪だから安いとは限らない?

実際に指輪の値段をカタログなどで見てみると、メンズ向けよりもレディース向けの指輪の方がわずかに高いというモデルもよく見つかります。

これを見ると確かにメンズ向けの方が安くなるように思えるかもしれませんが、実際には値段への影響が大きいポイントは別にあります。

それ次第では、メンズ向けの方が高くなることもありえますから注意してください。

メンズ向けの結婚指輪って安い? ≫ Click

個性的な手作り結婚指輪を作ってみましょう

手作りの結婚指輪とは

ブライダル関連のメディアでも近年、多く取り上げられているのが手作り結婚指輪です。

手作り結婚指輪を作れる専門店によって多少は、相違点がありますが、基本的には基本料金やその他の費用も含めて10万円以内から作成できる専門店がほとんどです。

作成時間は、作成するデザインや技量によっても変化してきますが平均して3時間程となっています。

また、お店に行ってからの流れとしては、最初に、どのようなデザインをイメージしているのか、イメージ通りのものを作成することは可能なのか、どのようなペースで作成していくのか、結婚式の日までに対応できるのか、どのくらいの料金が必要なのか、オプションのことなどを専門的知識を持った店員と打ち合わせをします。

この際に作るイメージが中々わかない、結婚式の日までには間に合うのかなど疑問点や都合などは店員が丁寧に対応してくれますので手作り結婚指輪についての予備知識などが無くても大丈夫です。

打ち合わせが終われば、次に指輪の作成に入っていきます。

個性的な手作り結婚指輪を作ってみましょう ≫ Click

手作り結婚指輪を買取してもらう

手作りした結婚指輪は買取できるのか

既製品として店に売っている結婚指輪であれば、買取をしてくれる店もたくさんあります。

では、手作りした結婚指輪の場合には買取が可能なのでしょうか。

結論から言えば、手作りした物であっても買取をしてくれる店はありますが、買取をしてくれない店も存在しています。

価格はどのような素材を使ったのか、どのようなデザインになっているのか、刻印が入っているかによって変わります。

結婚指輪はデザインによる価値と、素材による価値の2つがあります。

そのため、使用している素材や宝石に価値があるので、手作りをしたとしても売ることができるのです。

手作り結婚指輪を買取してもらう ≫ Click